プロフィール

キルシ・イハライネン
フィンランドヘルシンキ出身のサウンド・デザイナー/サウンド・アーティスト/オーディオ・エンジニア

アールト大学芸術デザイン学部大学院メディアラボニューメディア学科サウンド・デザイン専攻修士。研究・作品制作では主にゲームでのオーディオ制作や、様々なメディアを用いたインタラクティブ・オーディオ・インタフェース、そしてサウンド・インスタレーションを制作している。

音楽レコーディング(特にクラシック音楽・ジャズ)において豊富な経験を持ち、テクニカル・オーディオ・エンジニアとして働いていた。複数のプログラミング言語でのプログラミング経験もある。

作品として、ゲームのための効果音や音楽制作、巨大なサウンド・アート・インスタレーションを過去に制作、また自身で作曲し歌うこともある。クラシック音楽の教育を受けており、自身のロックバンドでの活動は10年以上に及ぶ。

音楽作品や写真、ビデオはホームページでご覧いただけます。履歴書はこちらからご覧いただけます
>> こちら

また、学士論文もこちらからご覧いただけます。
(Methods of Choir Recording for an Audio Engineer)>> こちら